TAKANO LUMBER CO.,LTD (株式会社 鷹野材木店)

hawkfield.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 08日

GAIAをみて

ガイアの夜明で日本の林業の現状をやっていました。日本の国土の2/3は森林で、その内の半分は管理されておらず放置状態だそうです。外国産の木材が大量に入ってきて国内産の値段を大幅に下げてしまい管理して売却しても赤字になるそうです。社長の子供の頃は家族全員で自分の山の木を伐採しトラックで運び売却し収入を得て学費等に当てていたようです。



現在は管理すればするほど逆ザヤになってしまうという状況です。そして、山は適当な時期に間伐などで手入れをしていかないと荒れてしまいます。そして伐採した場所には50年後の為にまた、植林をしなくてはなりません。山を管理するという事は、収入を得る事も大事ですが、次世代に財産を残すという事も同時にやっていかなくてはならないという大変な事だと改めて実感しました。国産材を使って家を建てていくという事は少なからず日本の森林を守っていくという事でもあります。確かなミッションをもって仕事に取組む事を再認識させられました。
[PR]

by takanolumber | 2006-04-08 08:20 | 繁盛記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hawkfield.exblog.jp/tb/3177146
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< GOLF Ⅲ(WAGON)      桜 >>