TAKANO LUMBER CO.,LTD (株式会社 鷹野材木店)

hawkfield.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 08日

日本の森 世界の森

 小学生位の頃、材木屋は森の木を伐採して売っているので、環境破壊をしているのではないかと思った事があります。その疑問を社長にぶつけた所、切っていい木を使っている。間伐を行わないと山は荒れ、災害も増えるし、手入れをする人達がいなくなると教えられました。当時はチンプンカンプンでしたが、現在林業は手間がかかる上に、それだけの収入が得られるどころか、安い輸入材の影響もあり逆ザヤになり、更に山での高齢化も進み山を手放す人が増えています。国も民間でもいろいろな試みが行われていますが、個人の意識が高まらない限り厳しいものがあるかもしれません。日本の山は荒れてきています。

 一方、最近外国の企業が日本の森林を購入しているというニュースを聞きました。日本人が手放していくものを外国の企業が購入していく。日本は国土の約7割を森林がしめる世界有数の森林大国です。がゆえに自分たちでも気づいていない何か大事なことを、見失っているのではないかという気がしています。世界レベルでは森が減り、砂漠化が進んでいます。そして、日本国内で使われる木材の8割は外国からの輸入品という現実と矛盾。

 日本と世界の森はつながっています。日本の森を救うことは、世界の森を救うことです。
そんなミッションをもって、日々仕事に取り組んでいきたいと思っています。
[PR]

by takanolumber | 2010-05-08 13:04 | 環境 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://hawkfield.exblog.jp/tb/12605805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by misumi_archi at 2010-05-08 18:39
ふむふむ。そういうことですか・・・
噂には聞くのですが、深刻な問題なのですね。
勉強になります☆
Commented by takanolumber at 2010-05-09 20:03
misumi archiさんコメントありがとうございます!
そうなんです。結構複雑な問題です。
国産材の利用率が数%でも上昇していけば、結構変わっていくと思います。
それには、設計者の役割も大きいと思っています!今度ゆっくりと話したいですね~。


<< 斜面工事      2010年4月〆&決算月 >>